webライター 西海 登の営業日記

webライター西海登が必死で営業をする日々の日記。編集者の皆さん、仕事ください。

随時お仕事募集しております。
下記メールまでご依頼ください。

お仕事やお問い合わせはここをクリック

メーラーが起動しない方はeastwest665@gmail.comまでメールください。

今週のお題

今週のお題「読書の秋」 読書の秋ということで、 最近夢中になって読んだ小説について書いてみたいと思います。 ・村上海賊の娘 ・色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年(だったかな?) そこまで読書量は多い方でないですが、この二作品は結構途切れずに…

転職について考えてみる

あんまりしょうもないネタばかり書いているわけにもいかないので、少し真面目にブログ投稿をしてみようと思います。 テーマとして考えるのは、転職です。 私自身、大手企業で働いた経験もありますが、一度の転職経験があります。 学生時代が終わって、最初に…

もう一度行きたい場所

お題「もう一度行きたい場所」 初めて一人暮らしをした部屋 環境は悪く、日当たりも悪い でも自分にとっては初めてだらけだった。 電気代、ガス代はどうやって払う? 新聞屋の口車に乗せられて、新聞取らされた。 夏に試験があり、勉強ばかりしていたは8月下…

ここで一句

お題「ここで一句」 夏フェスや つはものどもが 夢の跡 私ごとで恐縮なのですが、 夏フェスに行って騒いでいるような連中とは私とは交流することはないでしょう。 「目当てのバンド来てるんだ。夏だし、みに行こうぜ。」 夏だし、に ?となってしまいます。 …

カバンの中身か

今週のお題「カバンの中身」 カバンの中身はそれぞれの個性が出ますよね。 他の人から見たら「?」でも、その人にとってはカバンの中にないと落ち着かなかったりなんて言うものもよくあります。 例えば、、、 これ ビーナッツが大好きで これがカバンにないと…

バズる記事の作り方

ネットにはバズる記事というものが存在します。 バズるとは、あるブログ投稿やツイッターでのつぶやきにより、批判なり擁護なりのコメントが殺到する状態のことを言います。 この状況はいとも簡単に作ることができてしまうと言うことがこの投稿での言いたい…

小説:交差点(了)

以前、ブログに掲載していたものです。 これは終わりまで書かれております。 それなりに好評でした。自画自賛ですみません。 コンクリートの校庭は、東京ではあまり珍しくなくなった。 「おい朝岡、何サボってんだよ」 今日もこの校庭に怒鳴り声が響く。いつ…

小説:something to blue(途中まで)

結婚に焦る20代を描きました。 幸せな結婚式のために欧米では必要なsomething to blue(何か青いもの)と結婚に関する漠然とした不安(マリッジブルーのようなもの)をかけたところからです。 誰かが言っていた。 あの頃に戻りたいなら、当時聴いていた曲を…

小説:父の背中 (途中まで)

ある地方文学賞に応募を検討して途中まで書いたのですが、まとまらずに放棄したものです。まとまりをつけるのはとても難しいですね。 傾きかけたこの工場を見て母はどう思うだろうか。 洋介は生前の母を思い出した。過労が原因の病で倒れた母は、弱音一つ吐…

小説:メディア王と呼ばれた男(途中まで)

テレビのチャンネルが12チャンネルまでなのはなぜか?ということから、それを決めた通信官僚がいたのでは?というところから着想した作品です。 この後、悔しいことに「海賊と呼ばれた男」が刊行され、大ヒットしてしまいました。なんだかパクリみたいになっ…

小説:対岸(途中まで)

今、海に向かってミサイルを発射しまくっている某国がありますが、こんなものを書いていた時期もありました。 国境にするほど幅の大きな河ではなかった。 人間のエゴで作られた国境の殆どがそのような状態で存在している。そこでは、国境という理由だけで無…

某クラウドソーシングサイトで上位にランクインしました。

クラウドソーシングサービスでは業界上位と言われているサイトに登録しているのですが、そのサイトのライター部門と総合部門の契約ランキングで上位になったというお知らせが来ました。長期の契約が2つほど入ったので契約額でのランキングと思われます。(…

不評だった記事「最低映画のレビュー」

これは個人的には気にっているのですが、 いろんな所で、門前払いを食らいまくった記事です。 どうか、拾ってくださる編集者の方がいらっしゃいましたらご連絡ください。 真冬のホラー!コメディ要素満載! 「アイスクリームマン」 時代を超えても愛され続け…

自己紹介その2

学生時代は小説もさることながら、映画も好きでした。 特によく見ていたのが、昔の名画でした。 最初はテレビで放映されている映画を見ていたのですが、映画館にも足を運ぶようになって行きました。 その当時よく見ていたのが淀川長治がMCをしていた頃の日曜…

では、まずは自己紹介

西海 登(さいかい のぼる)と申します。 ここ数ヶ月、会社員をしながらwebライターをしている者です。 昔から自分が気になったことは調べていろんな人に言ったり、自分の考えを考えてみたりと言う事が好きだった変わった子供でした。 子供の頃のなりたかった…